円高・円安【えんだか・えんやす】


為替市場において円がユーロやドルに対してどういう水準にあるかを表現する言葉。
ただし時間軸の規定が勝手気ままなので、ある意味曖昧模糊となる。
FX関係者などは数分単位でものごとを考えるし、株式市場関係者はせいぜい数日単位。
債券関係者は時間軸の概念はせいぜい決算期程度というのが一般的。
例えば1ドル80円が83円になると瞬間的には円安と表現される。
しかしニクソンショック時点の360円からすればどう考えても円高。
ただドルやユーロなど相手の通貨にとっては「円高・円安」は当然ながら「逆の効果」となる。
市場関係者は「円高」を好まない傾向にあるが、個人的な海外旅行や物品購入ではその恩恵を被っている。
加えれば、悲観論者は円高を日本株安の原因としたがる傾向がある。
ただ楽観論者は円安を日本株高の原因とは滅多に主張しない傾向がある。



  • 最終更新:2013-07-04 17:52:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード